太田「太田!」
上田「上田!」
太田「の、『名古屋でドン!』」
上田「そんな番組じゃない。『太田上田』っていう番組だから。『名古屋でドン』になると急に昭和の番組になるから。」
太田「あ、そうかそうか。」
上田「一応月金の帯…帯って言うのかな。ちょっと時間帯バラバラ…」
太田「言ってみりゃ、まぁ、平成の『笑っていいとも』みたいなもんですよね。」
上田「違うねぇ。で、笑っていいともは平成の番組だしね。」
太田「さっそくお友達紹介してもらえる?」
上田「いらっしゃらない!」

スタッフ「太田さん読んでいただけますか。」
上田「ピーちゃんが読むの。」
太田「俺が読むの?」
上田「太田さん読んで、だって。」
太田「(カードを逆に持ち)えー…。」
上田「…。(カードを取り上げひっくり返して渡す)」

太田「名古屋で番組を始めるとお聞きしました。」
上田「視聴者の方からかな?」
太田「そこでお二人に知っておいてほしいことがあります。私は水商売をやっているのですが、名古屋は今、ぼったくり禁止条例が無いので、ぼったくり被害が増えているのです。」
上田「怖いね。」
太田「太田さん、上田さん、吉田さん、夜の…」
上田「いないね、吉田さん。」
太田「(カメラに向かって)吉田さんってのはいないからね。」
上田「いたらここにいるはずだしね。」
太田「夜の名古屋で遊ぶ時にはくれぐれも案内所を使ってください。…これ質問でもなんでもないよ。何に答えりゃいいわけ、これ?」
上田「我々に対する忠告というか…。」

上田「でも、まぁ名古屋ってすごいもんね、そういう…」
太田「名古屋はもう…そういうのね!」
上田「夜のお店関係の、だって、コンビニとか行くとこんな分厚い店紹介の本とかある。」
太田「(店内を見まわしながら)このへんの人ととか、全員風俗嬢だから。」
上田「違うわ! おまえ、名古屋出入り禁止ね!」

上田「いやだって、前、知り合いの女の子がさ、高校の同窓会かなんか行ったんだって。まぁ、みんなで集まって『○○ちゃん元気~?』『なんのお仕事してんの~?』なんで言って。それが、二次会に行こうかって言って10人ぐらいになったんだって。で、一人の子がベロンベロンになって、『ちょっとごめんなさい~私嘘ついてました~』って。で、『何々?』『実は私、さっきOLって言ったんだけど、風俗で働いてんの』って言ったんだって。そしたらその10人中7人ぐらいが『私も…』って。」
太田「(笑)」
上田「『えぇ!? 嘘!? 私の同級生ほぼ風俗!?』みたいなさ。」
太田「(笑)」

太田「ぼったくられたことある?」
上田「ぼったくられたこと無いねぇ。」
太田「俺、あるんだよね。」
上田「ウソ! どこで?」
太田「歌舞伎町。」
上田「お、やっぱ歌舞伎町で。」